*

低用量ピルのメリットと積極的使用

日本ではコンドームで避妊している人が大多数ですが、100%の避妊率ではありません。低用量ピルの避妊効果はほぼ100%です。

 

そのほかのメリットには生理周期が安定します。服用方法を変えるだけで生理の時期をずらすことができるので、仕事や旅行の予定が立てやすくなります。生理痛も改善されます。痛みをとる鎮痛剤と違い、根本的な治療となります。最大のメリットは、卵巣がんや子宮がんが減少します。ピルの服用により排卵が抑制されることが関係します。

どうしても避妊に関して受け身になりがちな女性でも、予定外の妊娠をしないよう自分の意思でコントロールできたらいいと思いませんか。そんな思いを実現させてくれるのが「低用量ピル」です。
これは一般の薬局では販売されていないため、服用するには婦人科や内科を受診する必要があります。健康保険は適用外なので、かかる費用が気になる時には事前に問い合わせてみましょう。毎日1錠ずつ忘れずに服用すればほぼ100%避妊ができ、妊娠したくなったに時はやめればいいという気軽さが、女性にとっては非常に魅力的ですね。
タグ :